ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

カテゴリ

バンビエンで新年を迎える人におすすめの音楽イベント、バンビエンフェス

バンビエンで毎年年末に行われている音楽イベント、バンビエン・フェス。タイのミュージシャンを中心に、いろんなジャンルの音楽が楽しめるオールナイトの大型音楽フェスティバルです。

【バンビエン】ボランティアを通して地元民と触れ合う。EEFAサエ・ラオ

EEFAサエ・ラオ(Sae Lao)は、2008年にオープンしたブルーラグーン1の手前にあるボランティア施設です。バンビエンの地元の若者に教育を無償で教え、教育を通して地域のためになるコミュニティーを自発的に作っていってもらうことが彼らの将来的な目標なの…

町のほぼ中心に位置する便利なカフェ、コーヒー・プリンス(Coffee Prince)

バンビエンはツアー客が多く来る場所ということもあって、町全体の規模に較べてカフェの数がかなり多いのです。このコーヒー・プリンス(Coffee Prince)は、そんなバンビエンのなかでもカフェ密集地帯に位置するお店のうちのひとつ。

ソファーがふかふかのコリアン・カフェ、ハリーズ・コーヒー(Hallys Coffee)

バンビエンは韓国人の観光客が特別多い町として知られています。韓国のバラエティ番組のロケ地として使われたことで知名度が上がり、結果リゾート地として韓国人に広く知られるようになったのだそう。

収容人数100人以上。バンビエンで一番大きいカフェ、パリジャン・カフェ

ラオスにたくさん支店があるパリジャン・カフェ(Parisien Cafe)。バンビエンにも支店が複数存在します。

【バンビエン】ブルー・ラグーン途中にあるファ・ンギャン(Pha Ngern)で3つの山をはしごする

山に登って景色を眺めるだけのアクティビティ、ビューポイント。バンビエンでは主要なアクティビティのうちのひとつとして知られ、これまでにもいくつかのビューポイントを紹介してきました。

【バンビエン】360°絶景、ナムサイ・トップ・ビュー(Namxay Top View)で忘れられない一枚を撮る

バンビエンのアクティビティの一つ、ビューポイントはご存知でしょうか。低めの山に登るだけのちょっとしたハイキングのようなものなんですが、バンビエンという自然に囲まれた土地の美しさを体験するには絶好のアクティビティなんです。

【ビエンチャン】なんでもそろう大型スーパーマーケットで日本向けのお土産を選ぶ

海外を訪れた際、訪問先のリストにスーパーマーケットを入れる人は多いはず。自分もそのうちのひとりです。海外でスーパーマーケットに寄る理由は、現地の人たちの暮らしに触れることができるうえに、お土産が選びやすい、ボッタクリに遭うことがほとんどな…

バンビエンにやってきたアジアン・カフェ界のビッグ・ウェーブ、カフェ・アマゾン

バンビエンのウォーキング・ストリートの入り口脇にタイのチェーン系コーヒーショップ、カフェ・アマゾンがオープンしました。

【バンビエン】町から徒歩で行ける。町から一番近いビューポイント パデン

バンビエンのアクティビティの中で最もおすすめなのがビューポイント。数十分山を登って頂上から自然や町を一望するだけのシンプルな遊びです。

【バンビエン】山が見渡せるバッド・カンパニー・カフェでモヒートを飲む

以前紹介した町からいい写真を撮れる場所の前にオープンした本屋兼カフェ、バッド・カンパニー・カフェ(Bad Company Cafe)。

【ビエンチャン】メニューが豊富なラーメン屋、和ラオで鶏出汁の一杯を味わう

ビエンチャンのラオス国立博物館から約500mほど西に行った先にある日本食レストラン「和ラオ」は、1階がラーメン屋、2階がバーという構造のお店です。

コンビニに並ぶどら焼きとおにぎりはラオス人に受け入れられるのか?

2018年の頭に甘い物でも買おうとビエンチャンのコンビニ mポイントマートを訪れたところ、スナック~おやつが並ぶ棚に日本語がプリントされた商品を発見しました。

バンビエンでバス停から町の中心部まではどうやって行く? 3つのバス停を紹介

バンビエンは空港がない小さい町なので陸路でしか来ることができません。旅行者は基本的にはバスを使ってビエンチャンかルアンパバーンのどちらかから訪れることになります。

【ルアンパバーン】サウナ レモングラスで暖を取る

ルアンパバーンのガイドブックには、必ずといっていいほどサウナが紹介されています。いくつかあるサウナのうち、ナイトマーケットの道から一本入った先にある「レモングラス」を紹介いたします。

【バンビエン】中華スーパーマーケット「家家楽超市」で中国のお菓子を物色する

バンビエンには日本で言うところのスーパーマーケットはありません。肉や魚や野菜などの生鮮食品は町にある市場で買われることが多く、雑貨は市場の周りにある小さな商店で買われる傾向にあります。2017年末に新しいスーパーマーケットがオープンしたので紹…

【バンビエン】2017年12月末にオープンしたナイト・マーケットでお土産を物色する

2017年12月29日にオープンしたバンビエンの新名所「ウォーキング・ストリート」。こちらの場所は、簡単に言えばビエンチャンやルアンパバーンにあるナイト・マーケットの縮小版。お土産をまとめて買うことができる旅行者向けの新しい観光スポットです。

【バンビエン】薬局はどこにある? バス長距離移動に不可欠な薬を入手する

ラオスの都市、バンビエンは空港がないため行き来するには一般道を使うことになります。旅行者であればバスが一般的です。周りが山に囲まれた土地なので、北に行くにも南に行くにもバス移動をするときは山を超える必要があります。

【ビエンチャン】パパイヤ・サラダ作り放題の食堂でラオス料理作りに挑戦する

タイ東北部、イサーン地方を代表する料理ソムタム。熟しきっていない青いパパイヤを細切りにして、にんにくや唐辛子やトマトやガピ(匂いが強い発酵エビ味噌)などをすり鉢状の調理器具コーップで潰しながら混ぜ合わせる酸っぱくて辛いサラダです。

【ルアンパバーン】日本に向けてポストカードが届くか試してみる

毎回海外旅行に行くたびに現地から日本に向けてポストカードを出す、という人は多いのではないでしょうか。ラオスは郵便事情があまりよくないため、こちらから送った郵便物が届かないことがあると言われています。

【ビエンチャン】ラオス屈指のおしゃれカフェ、インディゴでサードウェーブ・コーヒーを楽しむ

バンビエンのような地方にいるとあまり気づかないのですが、ラオスの首都、ビエンチャンはここ数年でおしゃれなカフェが数多くオープンしています。タイ資本の大きなカフェも複数見るのですが、個人経営のいい雰囲気のカフェもどんどん増えて来ているのです…

【ビエンチャン】2017年にオープンした屋台村で地元民に混ざってビアラオを飲む

2017年9月にビエンチャンの国立博物館脇にオープンした屋台村。車やビール会社のビルボード広告が並んだエリアに20以上の屋台が配置され、ローカル・フードだけではなく様々な食物を楽しむことができます。この、洗練されたラオスらしからぬエリアでビアラオ…

【バンビエン】畜産農家の家にお邪魔して牛の解体作業を観察する

※記事内に牛を解体している写真が含まれています。 バンビエンの橋を超えてナムソン川を渡った先には自然だらけ。バイクや自転車などを借りて橋の先を一周すると、山に囲まれたバンビエンという土地の構造がわかってくるはず。

【ルアンパバーン】地元スーパー「D&T」で日本向けのお土産を探す

旅行中、会社などで配るためのお土産を買うのに最適な場所はスーパーマーケットです。現地でしか手に入らないお菓子やちょっとした雑貨などをぼったくられることなく気軽に大量買いできるのはもちろん、現地の人たちの暮らしぶりをのぞくことができる点でも…

バンビエンはビールが高い! 首都ビエンチャンとのビールの値段を比較してみた

バンビエンを訪れる人はビエンチャンから来ることが多いのではないでしょうか。ラオスは物価が高いとよく言われることですが、バンビエンはビエンチャンと較べてさらに物価が高いのです。

【ビエンチャン】雰囲気が最高のバーでメコン川を見下ろしながらビアラオを飲む

ラオスでは「ボペニャン(Bor Pen Yang)」という言葉をよく使います。意味は「気にしなくていいよ」「No Prblem」。謝られたときなどに気軽に使えるフレーズです。首都 ビエンチャンにはそんなフレーズを店名にした「ボペニャン」という有名なバーがありま…

【バンビエン】シヴィレイ・レストランでラオス風甘酢漬けを食べる

長期旅行で日本を離れている時間が長いほど、日本の食べ物をふと思い出すことがあります。自分がアジアに住んでいて無性に食べたくなるのは漬物です。ありがたいことにラオスの市場には日本と似た味の漬物がいくつかあるため、いつでも気軽に食べられるので…

【ビエンチャン】ラオスでは珍しい釣具専門店で釣具を揃える

ラオスで釣りをしようとして最も困るのが釣具屋の少なさです。私が住んでいるバンビエンには釣具の専門店がないため、中国からやってきた釣具を雑貨屋で買うことになります。

【カシ】ラオスの温泉 カシ・リゾートでぬるいお湯につかる

ラオスの都市バンビエンとルアンパバーンの間にある温泉、カシ・リゾート(Kasi Resoat)を紹介いたします。

【ビエンチャン】ラオスの家系ラーメン、てんとらーめんを味わう

バンコクに行って日本食レストランの多さに驚いた人も多いのではないでしょうか。日本人が数多くいるトンロー周辺はもちろん、日本食チェーン店が複数入ったショッピング・モールもたくさん見かけます。チェンマイやノンカイなどの地方都市でも日本食レスト…