読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

バンビエンの日常風景

存在しない架空の日本が体験できる、MINISO(メイソウ)のクオリティ

海外旅行をしていると、思わぬところで日本に遭遇することがあります。ラオスでも車やバイクはもちろん、かつて日本でバリバリに活動していたであろうトラックのお古が「○○運輸」なんて文字を残したまま走っている姿をよく目にします。想像していなかったと…

なぜかラオスで大人気〈Thrasher Magazine(スラッシャー・マガジン)〉Tシャツ

ラオスの町を歩いていると一日数回は〈Thrasher Magazine〉とプリントされたTシャツを着ている人とすれ違います。バンビエンのような小さな町でもよく見かけるので、首都ビエンチャンをうろつくと一日で30回はこのロゴ入りTシャツを着ている人とすれ違うこと…

ピーマイ仕様のビアラオTシャツはビールを何本買うともらえるのか?

4月14日から16日までの期間はラオスの新年を祝う期間〈ピーマイ〉です。タイの〈ソンクラン〉と同様、この日は町中で水かけが行われるのだそう。ソンクランと比べると知名度の点で大きく劣るピーマイですが、首都ビエンチャンでは比較的大規模なお祭りのよう…

なぜ私が引っ越し先にラオス・バンビエンを選んだのか

ラオスに住もうと思っていることを人に伝えると、必ずといっていいほど「なんでラオスなの?」と聞かれます。タイのように観光資源があるわけでもなく、インドネシアのように自然資源が豊富にあるわけでもない。アジア最貧困国と言われているこの国をなぜ自分…