ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

カテゴリ

宿&レストラン情報

バンビエン安ゲストハウスの研究:その17 ホステル・バックパッカーズ――Hostel Backpackers

2018年10月にオープンしたホステル・バックパッカーズ(Hostel Backpackers)。ほぼ町の中心に位置しているためどこに行くにもアクセスがいい宿です。

【ビエンチャン】300円ちょっとのフレンチ。ラ・ヴァンドーム(Le Vendome)のランチを食べる

1949年にラオス王国として独立するまではフランス領土だったラオス。フランス統治時代が長かった影響で、ラオスにいるといろんな部分でフランスの文化を感じることができます。

バンビエン安ゲストハウスの研究:その16 ジェンニン・ゲストハウス――Jennin Guesthouse

2018年6月にリニューアルオープンした宿、ジェンニン・ゲストハウス(Jennin Guesthouse)。バンビエンのメインロード と元滑走路の中間に位置するこのゲストハウスの魅力はドミトリーがとにかく安いこと。

【バンビエン】リゾートホテル、インティラ(INTHIRA)のレストランで食事を取る

ラオスの観光地バンビエンにはいくつかのリゾートホテルが存在しています。2017年12月にオープンしたアマリ(amari)や、有料の橋の手前にあるリバーサイド・ブティック・リゾート(Riverside Boutique Resoat)などが有名です。

【バンビエン】ボランティアを通して地元民と触れ合う。EEFAサエ・ラオ

EEFAサエ・ラオ(Sae Lao)は、2008年にオープンしたブルーラグーン1の手前にあるボランティア施設です。バンビエンの地元の若者に教育を無償で教え、教育を通して地域のためになるコミュニティーを自発的に作っていってもらうことが彼らの将来的な目標なの…

町のほぼ中心に位置する便利なカフェ、コーヒー・プリンス(Coffee Prince)

バンビエンはツアー客が多く来る場所ということもあって、町全体の規模に較べてカフェの数がかなり多いのです。このコーヒー・プリンス(Coffee Prince)は、そんなバンビエンのなかでもカフェ密集地帯に位置するお店のうちのひとつ。

ソファーがふかふかのコリアン・カフェ、ハリーズ・コーヒー(Hallys Coffee)

バンビエンは韓国人の観光客が特別多い町として知られています。韓国のバラエティ番組のロケ地として使われたことで知名度が上がり、結果リゾート地として韓国人に広く知られるようになったのだそう。

収容人数100人以上。バンビエンで一番大きいカフェ、パリジャン・カフェ

ラオスにたくさん支店があるパリジャン・カフェ(Parisien Cafe)。バンビエンにも支店が複数存在します。

バンビエンにやってきたアジアン・カフェ界のビッグ・ウェーブ、カフェ・アマゾン

バンビエンのウォーキング・ストリートの入り口脇にタイのチェーン系コーヒーショップ、カフェ・アマゾンがオープンしました。

【バンビエン】山が見渡せるバッド・カンパニー・カフェでモヒートを飲む

以前紹介した町からいい写真を撮れる場所の前にオープンした本屋兼カフェ、バッド・カンパニー・カフェ(Bad Company Cafe)。

【ビエンチャン】メニューが豊富なラーメン屋、和ラオで鶏出汁の一杯を味わう

ビエンチャンのラオス国立博物館から約500mほど西に行った先にある日本食レストラン「和ラオ」は、1階がラーメン屋、2階がバーという構造のお店です。

【ビエンチャン】パパイヤ・サラダ作り放題の食堂でラオス料理作りに挑戦する

タイ東北部、イサーン地方を代表する料理ソムタム。熟しきっていない青いパパイヤを細切りにして、にんにくや唐辛子やトマトやガピ(匂いが強い発酵エビ味噌)などをすり鉢状の調理器具コーップで潰しながら混ぜ合わせる酸っぱくて辛いサラダです。

【ビエンチャン】ラオス屈指のおしゃれカフェ、インディゴでサードウェーブ・コーヒーを楽しむ

バンビエンのような地方にいるとあまり気づかないのですが、ラオスの首都、ビエンチャンはここ数年でおしゃれなカフェが数多くオープンしています。タイ資本の大きなカフェも複数見るのですが、個人経営のいい雰囲気のカフェもどんどん増えて来ているのです…

【ビエンチャン】2017年にオープンした屋台村で地元民に混ざってビアラオを飲む

2017年9月にビエンチャンの国立博物館脇にオープンした屋台村。車やビール会社のビルボード広告が並んだエリアに20以上の屋台が配置され、ローカル・フードだけではなく様々な食物を楽しむことができます。この、洗練されたラオスらしからぬエリアでビアラオ…

【ビエンチャン】雰囲気が最高のバーでメコン川を見下ろしながらビアラオを飲む

ラオスでは「ボペニャン(Bor Pen Yang)」という言葉をよく使います。意味は「気にしなくていいよ」「No Prblem」。謝られたときなどに気軽に使えるフレーズです。首都 ビエンチャンにはそんなフレーズを店名にした「ボペニャン」という有名なバーがありま…

【バンビエン】シヴィレイ・レストランでラオス風甘酢漬けを食べる

長期旅行で日本を離れている時間が長いほど、日本の食べ物をふと思い出すことがあります。自分がアジアに住んでいて無性に食べたくなるのは漬物です。ありがたいことにラオスの市場には日本と似た味の漬物がいくつかあるため、いつでも気軽に食べられるので…

【ビエンチャン】ラオスの家系ラーメン、てんとらーめんを味わう

バンコクに行って日本食レストランの多さに驚いた人も多いのではないでしょうか。日本人が数多くいるトンロー周辺はもちろん、日本食チェーン店が複数入ったショッピング・モールもたくさん見かけます。チェンマイやノンカイなどの地方都市でも日本食レスト…

バンビエン安ゲストハウスの研究:その15 ソウリヤ・チャンタラ・ゲストハウス――Souliya Chunthala Guesthouse

バックパックを背負って個人旅行をすると、〈いかに効率よくいい宿を見つけるか〉が大きな課題となってしまうことがよくあるのではないでしょうか。旅行期間が長くなればなるほど、重い荷物を背負って宿を探すために町中をうろうろすることにうんざりして本…

バンビエン安ゲストハウスの研究:その14 リバーサイド・ガーデン・バンガローズ――Riverside Garden Bangalows

バックパックを背負って個人旅行をすると、〈いかに効率よくいい宿を見つけるか〉が大きな課題となってしまうことがよくあるのではないでしょうか。旅行期間が長くなればなるほど、重い荷物を背負って宿を探すために町中をうろうろすることにうんざりして本…

【ビエンチャン】地元男性に大人気のヤギ料理を堪能する

日本でヤギ料理といえば沖縄が有名です。沖縄では刺し身やヤギ汁など、様々な調理法でヤギを食べることで知られていますが、ラオスでもヤギを食べることができます。どちらの国も共通しているのは、中年以降の男性が滋養強壮の効用を期待して食べること。

バンビエン安ゲストハウスの研究:その13 ハッピー・レストラン――Happy Restarant

バックパックを背負って個人旅行をすると、〈いかに効率よくいい宿を見つけるか〉が大きな課題となってしまうことがよくあるのではないでしょうか。旅行期間が長くなればなるほど、重い荷物を背負って宿を探すために町中をうろうろすることにうんざりして本…

【バンビエン】地元民しか食べない本当のローカルフードを食べる

観光客からの収入を頼りにしているバンビエンのような観光地では、外国人に向けた料理を出すレストランが多く存在しています。ハンバーガーやピザといった西洋の食べ物が提供されているほか、ラオス料理も観光客向けにカスタムされたものが多く地元の人達が…

バンビエン安ゲストハウスの研究:その12 メクサイフォン・ゲストハウス――Mexaiphon Guesthouse

ラオスの観光地、バンビエン(Vang Vieng)にある安宿、安いゲストハウスを紹介していきます。

バンビエン安ゲストハウスの研究:その11 アーミー・バラックス・ゲストハウス――Army Barracks Guesthouse

バックパックを背負って個人旅行をすると、〈いかに効率よくいい宿を見つけるか〉が大きな課題となってしまうことがよくあるのではないでしょうか。旅行期間が長くなればなるほど、重い荷物を背負って宿を探すために町中をうろうろすることにうんざりして本…

バンビエン安ゲストハウスの研究:その10 アイランド・バンガロー――Island Bungalow

バックパックを背負って個人旅行をすると、〈いかに効率よくいい宿を見つけるか〉が大きな課題となってしまうことがよくあるのではないでしょうか。旅行期間が長くなればなるほど、重い荷物を背負って宿を探すために町中をうろうろすることにうんざりして本…

バンビエン安ゲストハウスの研究:その9 バンビエン・バックパッカーズ・ホステル――Vang Vieng Backpackers Hostel

ラオスの観光地、バンビエン(Vang Vieng)にある安いゲストハウス・安宿を紹介していきます。

バンビエン安ゲストハウスの研究:その8 ナムソン・ビュー・ゲストハウス――Namsong View Guesthouse

バックパックを背負って個人旅行をすると、〈いかに効率よくいい宿を見つけるか〉が大きな課題となってしまうことがよくあるのではないでしょうか。旅行期間が長くなればなるほど、重い荷物を背負って宿を探すために町中をうろうろすることにうんざりして本…

バンビエン安ゲストハウスの研究:その7 パンズ・プレイス――Pan's Place

ラオスの観光地、バンビエン(Vang Vieng)にある安いゲストハウス・安宿を紹介していきます。

バンビエン安ゲストハウスの研究:その6 イージー・ゴー・ホステル――Easy Go Hostel

ラオスの観光地、バンビエン(Vang Vieng)にある安いゲストハウス・安宿を紹介していきます。

バンビエン安ゲストハウスの研究:その5 ナムソン・ガーデン――Namsong Garden

ラオスの観光地、バンビエン(Vang Vieng)にある安いゲストハウス・安宿を紹介していきます。