読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

バンビエン安ゲストハウスの研究:その5 ナムソン・ガーデン

バックパックを背負って個人旅行をすると、〈いかに効率よくいい宿を見つけるか〉が大きな課題となってしまうことがよくあるのではないでしょうか。旅行期間が長くなればなるほど、重い荷物を背負って宿を探すために町中をうろうろすることにうんざりして本来の旅行の楽しさを味わえなくなってしまいます。こちらのページでは、そんなバックパッカーの皆さんに向けて、ラオスの観光都市バンビエンの安宿情報を提供いたします。

その6 イージー・ゴー・ホステル を読む
その4 アウトランド・ホステル を読む
その3 バンビエン・ロック・バックパッカーズ・ホステル を読む
その2 チラオス・ゲストハウス を読む
その1 チャンタラゲストハウス を読む

その5 ナムソン・ガーデン――Namsong Garden

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子

■料金

ドミトリー 30,000キープ(約397円)
※料金、レート共に2017年4月のもの

■部屋・施設全体の印象

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子
周りが塀で囲まれて絶壁に建てられているため、町中にありながらプライベート感のある作りになっている。施設内に植物が沢山植えられているためプチ・リゾート感も。ドミトリーの価格はバンビエンの最低ライン30,000キープ。ドミトリーはベッドが8つの横長の部屋。寝転がりながらバンビエンの山を望める休憩所もある。ロビー周辺には常に人が集まっており、夜は毎晩のように食事会が開かれている。バスタオルの貸出無料。

■シャワー・トイレ

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子
シャワー&トイレ室は広めの作りだが排水がうまく設計されていないため、常に床には水たまりが存在している。その水が微妙に濁っているため、裸足でシャワーを使うのがためらわれた。またシャワーはお湯が出ないことが何度かあった。トイレ、シャワー共にストレスを感じることが多かった(2017年5月にシャワー・ルームの改装をはじめたので綺麗になると思われます)。

■朝食

なし。コーヒー、お茶は飲み放題。バナナがあるときはバナナも自由に食べられる。

■行き方

メインロードをまっすぐ10分ほど北に歩きバンビエン・ロック・バックパッカーズ・ホステルの手前を左に折れ、さらにその道を5分ほどまっすぐ歩いた突き当り。元空港から徒歩で15分ほど。

■泊まってみた印象

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子 ドミトリーが30,000と、とにかく安い。バンビエン最低価格宿のうちのひとつ。その代わりというわけでもないんでしょうが、トイレ&シャワーを使うのをためらってしまう度もピカイチでした。スタッフは皆親切で滞在しやすい雰囲気があるように感じました。特に夕飯はスタッフとゲストが混ざりあいながら作ることが多く、和気藹々とした中でお酒を飲みながらいろんな国の人と話をすることができるのが楽しかったです。なぜか食事を無料で食べさせてくれることもありました。安く泊まれていろんな国の人々と交流ができる宿だと思います。

■その他の写真

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子
▲ 大胆な書体の料金表示

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子
▲ 飲食することができる休憩スペース

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子
▲ ドミトリーの様子

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子
▲ ドミトリーの様子

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子
マリファナ喫煙は罰金5,000,000キープ(約66,327円)

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子
▲ 施設内には犬が2匹

バンビエンの宿、ナムソン・ガーデンの様子
▲ 床に常に水が溜まっているトイレ

■その他のバンビエンの安宿、ゲストハウス情報

again.hateblo.jp

again.hateblo.jp

again.hateblo.jp

again.hateblo.jp

again.hateblo.jp

ソモサン⇔セッパ! 公式問答集

ソモサン⇔セッパ! 公式問答集