ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

カテゴリ

【ビエンチャン】ブッダパーク(Buddha Park)までバイクで行く

ビエンチャン ブッダ・パークの様子

ラオスの首都、ビエンチャンで最も有名な観光施設のうちのひとつブッダ・パーク。コンクリート製の様々な仏像が公園にずらりと並ぶ、宗教的にありがたいのかどうか簡単には判断付きかねる変わった名所です。悪趣味というかビザールというか、ストレンジなモチーフの像がたくさん見られるのが人気のようです。ラオスのガイドブックには必ず載ってるうえに、ビエンチャンの多くのホテルから送迎バスが出ているので足を運んだ人も多いのではないでしょうか。

送迎バスがあるためアクセスに問題はないのですが、自分が好きな時間に行きたい、一人で行くわけじゃないのでもっと安く済ませたい(送迎バスの料金は70,000キープ程度)、途中に気になるものを見つけた場合に立ち寄ってみたい……そんな需要もあるはずです。たまたま個人的にバイクで行く機会があったので、バイクでブッダパークに行く際の注意点をいくつか記しておきます。

■ルートは超簡単、ほぼ一本道

ルートはタデウア・ロード(Thadeua Road)を東に進むだけ。中心地からほぼ道一本で行くことが可能です。〈ほぼ〉と書いたのは、途中でランドアバウントの分岐があり、左に曲がる必要があるためです。地図上では同じ名前の道ですが、感覚的には一度左折をすることになります。そこを過ぎたらまっすぐ行くだけ。1時間ちょっとで到着することができます。

ビエンチャン ブッダ・パークの行き方

至ってシンプルなルートなのですが、注意してい欲しいのはブッダ・パークの看板が非常にわかりづらいこと。道路上にそれらしい標識がないため、ボーっと運転していると通り過ぎてしまうのです。自分も気づかずに6kmほど過ぎてしまい、大幅に戻らなければいけませんでした。

目立つ看板がない。見つけ方は?

ビエンチャン ブッダ・パークの様子

見つけるためのヒントとしては、右手に観光バスやバンが停まっている場所を注意して見ておくことくらいでしょうか。ブッダ・パークを過ぎた先の道路は舗装されていないため、砂埃が舞いまくります。行き過ぎたように感じて砂埃が舞う道が続いたら、バイクを停めて住民にブッダ・パークの方向を確認しましょう。〈ブッダ・パーク〉で通じない場合は〈シェン・クアン〉と言えば通じるはず。

ビエンチャン ブッダ・パークの様子
入場料は5,000キープ(約69円)。バイクで行った場合は駐車料金5,000キープも別途必要です。バイクで行くと、途中で見えるメコン川で写真を撮ったり、タイとの国境を覗いてみたりと、送迎バスで行ったときにはできない自由行動を楽しめます。往復2時間ちょっと、観光2時間程度で十分楽しめる場所なので日帰り旅行にオススメです。ぜひバイクで行ってみてはいかがでしょうか。

■おまけ。〈ブッダ・パーク〉の写真いろいろ

ついでに、ブッダ・パークで撮ってきた写真も掲載しておきます。 ビエンチャン ブッダ・パークの様子
ビエンチャン ブッダ・パークの様子
ビエンチャン ブッダ・パークの様子
ビエンチャン ブッダ・パークの様子
ビエンチャン ブッダ・パークの様子
ビエンチャン ブッダ・パークの様子
ビエンチャン ブッダ・パークの様子

超ひらパー兄さんアイマスク 【 ひらかたパーク限定】 ☆映画チラシ3種類付