ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

カテゴリ

【バンビエン】北の市場の朝市で見たことがない食材を調査する

バンビエン、北の市場の朝市

バンビエン最大の市場は町の中心部から約3kmほど離れた北に位置します。この市場では食材のみならず家電や食器類などの日用品までもが並び、「ここで買えないものはバンビエンでは買えない」と言っていいほど。

■爬虫類から獣まで、日本ではみかけない食材がたくさん

バンビエン、北の市場の朝市
▲ 魚と一緒にリスのような動物も

バンビエン、北の市場の朝市
▲ 朝食の屋台も出店している

その市場の脇にあるスペースでは朝6時くらいから朝市も行われています。ここでは新鮮な野菜、魚、肉類などのほかに、衣類なども見かけます。朝市で興味深いのが、あまり日本ではみかけることがない食用品が並んでいること。コオロギ、幼虫、亀、カエル、40cmほどの大きさの鳥、ジャコウネコ(ハクビシンかもしれません)など、爬虫類から獣肉までが食用品として売られているのです。 バンビエン、北の市場の朝市
▲ きれいな模様の鳥

バンビエン、北の市場の朝市
▲ 金魚にしか見えない魚

バンビエン、北の市場の朝市
▲ 亀は重さによって値段が違う

バンビエン、北の市場の朝市
ラオスの市場でよくみるネズミ

通常の市場と較べてかなりローカル色が強く、バンビエンに住んでいる人たちの暮らしぶりをのぞくことができる格好の場所と言えます。オタマジャクシをどうやって食べてるのだろう。とか、獣の皮は自分で剥ぐのかな?といったことを考えながら歩いてみるのも楽しいものです。動物は写真を撮ろうとすると嫌がられることがあるので無理に撮影しようとしないように気をつけましょう。 バンビエン、北の市場の朝市
▲ オタマジャクシも買うことができる

バンビエン、北の市場の朝市
▲ なにかの幼虫。虫もポピュラーな食材

バンビエン、北の市場の朝市
▲ おつまみの定番、コオロギ

■行き方

町から13号線をまっすぐ北に向かって左手。マーケットの奥にある道をまっすぐ進むと見えてくる。

旅の指さし会話帳64ラオス(ここ以外のどこかへ!)

旅の指さし会話帳64ラオス(ここ以外のどこかへ!)

■町のそばにあるもう一つの朝市

バンビエン、北の市場の朝市
北の市場は町から多少離れているのでバイクや自転車などの移動手段がなければなかなか行きづらいもの。朝市には行ってみたいけど移動手段がないという方に、バンビエンで開かれているもう一つの朝市を紹介いたします。

バンビエン、北の市場の朝市
▲ 50mほどの道路でひっそりと開かれている

こちらはナムソンビュー・ビュー・ゲストハウスの前にある小さな道路を50mほど使って開かれている規模の小さな朝市です。たまに鳥や獣を見かけることがある程度で、北の朝市のように扱われている食材が豊富なわけではありません。

again.hateblo.jp

近所のおばさんたちが畑や山から採ってきた野菜や果物、お惣菜を売っているこちらの朝市はアットホームな雰囲気があってなかなか味わい深いものです。町中であればどこからでも歩いて行ける距離です。

どちらの朝市も朝9時には閉まってしまうので、早めに起きることができたらぜひ足を運んでみてください。

■行き方

町中にある川側の道を北に進む。ナムソン・ビュー・ゲストハウスの前の道。