ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

カテゴリ

バンビエンでバス停から町の中心部まではどうやって行く? 3つのバス停を紹介

f:id:vangvieng:20180120182744j:plain:w800
バンビエンは空港がない小さい町なので陸路でしか来ることができません。旅行者は基本的にはバスを使ってビエンチャンルアンパバーンのどちらかから訪れることになります。


▲ バンビエンのバス停と町の相関地図(クリックで拡大

そんな小さな町なのに、なぜかバンビエンには3つバスの停留所があるのです。初めて訪れたときには自分がどこに停まってどうやってホテルのある町側まで行くのかわからないはず。バンビエンのバス停から町までの行き方をバス停ごとに解説してみます。

どこのバス停に泊まるのかは、どの旅行会社を使ったか、北か南のどちらから来たか、ミニバンか大型バスかなどの条件によって決まるようですが何度使ってみても法則性がわかりません。旅行会社が手配したバスであれば、バス停を使わずに町のなかに駐車することになるようなのですが、同じ条件で取ったバスが町から離れたバス停に停まることもあるのです。

■【地図上で1番】北のバス停からバンビエンの町まで

f:id:vangvieng:20180120182642j:plain:w800
こちらのバス停はルアンパバーンから来た場合に使われることがあるようです。

町までは3kmほど離れています。道は国道13号線をまっすぐ南下するだけなのでルートは難しくありませんが、とにかく遠いので歩いて町まで行くのは向いていません。トゥクトゥクの値段は20,000キープと言われることが多いようです。安く済ませたい場合は、一緒にバスに乗ってきた人を巻き込んでトゥクトゥクの値段交渉をしてみてはいかがでしょう。場合によっては10,000キープで行ける可能性があります。ガッツのある白人がこのバス停付近から町までヒッチハイクをしている姿をたまに見かけることがあります。

ラオス オフライン地図

ラオス オフライン地図

■【地図上で2番】中央のバス停からバンビエンの町まで

f:id:vangvieng:20180120182704j:plain:w800
こちらは南のバス停にほど近い場所にある小さなバス停です。ミニバンなどでたまに旅行者が降りているのを見かけるので、ここも使われることがあるようです。

元空港を横切って果物屋の中間を抜けるとすぐに町に到着します。500m程度です。

■【地図上で3番】南のバス停からバンビエンの町まで

f:id:vangvieng:20180120182722j:plain:w800
こちらはビエンチャンから来た場合に停まることが多いようです。町中までは約1km未満。荷物の量にもよりますが、歩いて町まで行くのはそこまで大変ではありません。

国道13号線を横切り、さらに元空港を横切ると、町にたどり着きます。トゥクトゥクを使うまでもないので、体力に余裕がある場合は徒歩での移動をおすすめします。

以上、バンビエンのバス停から町までの行き方を解説してみました。バンビエン行きのバスが、北のバス停以外に停まったのであれば徒歩圏内です。荷物が重すぎなければ徒歩を推奨いたします。

旅の指さし会話帳 (64) ラオス ここ以外のどこかへ!-アジア

旅の指さし会話帳 (64) ラオス ここ以外のどこかへ!-アジア