ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

カテゴリ

【バンビエン】山が見渡せるバッド・カンパニー・カフェでモヒートを飲む

f:id:vangvieng:20180321200310j:plain:w800
以前紹介した町からいい写真を撮れる場所の前にオープンした本屋兼カフェ、バッド・カンパニー・カフェ(Bad Company Cafe)。

異世界でカフェを開店しました。 5 (Regina COMICS)

異世界でカフェを開店しました。 5 (Regina COMICS)

again.hateblo.jp ↑ 以前紹介したバッド・カンパニー・カフェ周辺の記事

ここはもともと20年近く前バンビエンに引っ越してきたノルウェー人の民家なのですが、2017年後半から共有部分に本棚を置くようになり、コーヒーやモヒートなどを売りはじめ、その場所に名前が付いてカフェ形態になりました。ベースとなる場所が住居なため、お店というよりコーヒーやお酒も出す民家なのです。

f:id:vangvieng:20180321200140j:plain:w800
▲ 周辺に街灯がないため夜はムーディーな雰囲気に

モヒートは25,0000キープ(約315円)、ココナツ・アイスが20,000キープ(約252円)コーヒーが10,000キープ(約126円)。モヒートはラオスの安ウイスキーを使って作られているため正確にはモヒートではなくミントが入ったモヒート風のカクテルです。

このカフェには移民や旅行者などいつも複数の人が集まっており、そのうちの誰かがコーヒーやモヒートなどを作って出してくれます。自分もこの場所には深く関わっており、ドリンクを作って出すことがたまにあります。

f:id:vangvieng:20180321200155j:plain:w800
バッド・カンパニー・カフェの本棚
店内の本棚にはいろんな国の本が置かれています。旅行者が持ち込んだガイドブックはもちろん、小説やエッセイなども多く、フランス語やドイツ語など非英語圏の本もたくさん。残念ながら日本語の本はほとんど置いていません。本のトレードも行っているので、旅行中に読み終えた本を持っていれば交換できるか交渉してみてもいいでしょう。

f:id:vangvieng:20180321200152j:plain:w800
▲ カウンターにあるペインティング
ここはカフェでありながら旅行者が交流するための場所でもあります。集まった旅行者は、これまでに旅行してきた周辺国の情報を交換し合ったり、置いてあるギターを弾いて歌ったり、本棚に置いてある本を読んだり、それぞれのスタイルで楽しんでいます。

道路側に置かれたソファからはバンビエンの山々がはっきりと見晴らせるため、ソファに座ってのんびりと休憩を取っている人もたくさんいます。閉店時間はだいたい午後8時ごろ。店主が眠くなったタイミングで閉めることがほとんどです。

f:id:vangvieng:20180321200154j:plain:w800
▲ 道路側からカフェを見た様子
カフェ周辺は交通量が多くないのでメインロードと比べるとあまりうるさくありません。昼は景色を見ながら、夜は落ち着いた雰囲気で過ごせる……と言いたいのですが、店主の機嫌がいいときには60年代~70年代のロックを大音量で流すことが多く、音楽がうるさいことがあります。

店主はバンビエン在住歴が長いため、この土地のあらゆることを知っています。バンビエンについて知りたい情報があれば彼の元を訪ねてみてください。元々非英語圏から来た人なので、彼の話す英語は日本人にもわかりやすいはずです。

カクテル完全ガイド-5本で100種以上つくれるCocktail Start Set収録

カクテル完全ガイド-5本で100種以上つくれるCocktail Start Set収録

■ 行き方

川沿いの道を北に向かう。SAKURA BARから徒歩7分ほど。

カクテル [DVD]

カクテル [DVD]