ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

カテゴリ

ラオスのお金がわかりづらい理由

ラオスのお金がわかりづらい理由 ラオスを旅行している人からよく聞くのが「お金がわかりづらい」という話。最低額でも500キープと桁が大きい上に数字以外の文字がプリントされており、さらによく使う2種類の色が似ています。それらの理由が合わさってとてもわかりづらくなっているようです。

【PR】
世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』

■お金の種類が多い

ラオスのお金がわかりづらい理由
ラオスで使われているお金は8種類
ラオスで使われているお金は

500キープ(約6.3円)
1,000キープ(約13円)
2,000キープ(約25円)
5,000キープ(約63円)
10,000キープ(約127円)
20,000キープ(約253円)
50,000キープ(約633円)
100,000キープ(約1,267円)

の8種類。すべて紙幣で硬貨は使われていません。

ラオスのお金がわかりづらい理由
ラオスの500キープ
最も少額の500キープは日本円で約6.3円。ラオスで売られているものの多くは1,000キープ単位であることが多く、500キープを使う機会が極端に少ないためコンビニやゲストハウスなどの寄付箱によく入れられているのを目にします。

ラオスのお金がわかりづらい理由
ラオスの100,000キープ
逆に最高額のお金は100,000キープ(約1,267円)。こちらはラオス人にとっては単位が大きすぎるため市場などでは「お釣りがない」と敬遠されることも多いのです。

汎用性の高い10,000キープ(約127円) 、20,000キープ(約253円)、50,000キープ(約633円)を大量に持ち歩いておけば使い勝手はいいものの、日本円との額の差が大きいため、たとえば1万円を両替すると約790,000キープ程度手に入ることになります。これを50,000キープでもらうと15枚。2万円両替すると30枚の紙幣が財布に入ることになり、あっという間に財布をパンパンに膨らませることになってしまいます。

ラオスのお金がわかりづらい理由
日本円にして1万円程度を財布に入れた状態
ケタが大きすぎることは別の問題も生んでいます。数万円分の日本円を両替しようとしたとき、受け取る額が大きすぎて計算がしづらいことを利用して、両替時に少なめにお金を渡してくるタチの悪い両替屋もいるのです。

現在のラオスの経済成長率を考えると、お金の単位からゼロを2つ切って500キープを廃止し、200,000キープに当たる紙幣を新たに作ってくれたらもっと使いやすくなるんじゃないかと思うのですが現地人は大きな額の紙幣を好まない傾向があるため実現は難しいかもしれません。


■謎の文字がプリントされている

ラオスのお金がわかりづらい理由
6に見えるラオス数字の2
ケタが大きいことによって混乱しやすいラオスのお金ですが、もっと深刻な問題はアラビア数字がプリントされている裏面にプリントされたラオスの数字。

日本でも五円玉には漢字のみでアラビア数字が書かれておらず外国から来た人がいくらほどの価値があるのかわからないことがしばしば問題になることがあります。

ラオスのお金がわかりづらい理由
9に見えるラオス数字の1
ラオスのお金の場合はアラビア数字の1がラオス数字の9と、アラビア数字の2がラオス数字の6にそっくりなのです。1と2を使った紙幣は数多くあるので20,000キープを出して「今60,000キープを払ったけどお釣りが少ない」といった勘違いをしてしまう旅行者が後を絶ちません。自分もラオスに来た当初はよく混乱させられました。


■20,000キープと50,000キープが似ている

ラオスのお金がわかりづらい理由
ラオスの20,000キープと50,000キープ
最後のわかりづらいポイントは、20,000キープ(約253円)と50,000キープ(約633円)の見た目が似ていることです。

どちらもオレンジ系のインクを使っており、片面に初代ラオス人民民主共和国首相 カイソーン・ポムウィハーン氏のバストアップ姿、裏面にはそれぞれホー・パケオ寺院とタート・ルアンがプリントされています。

他の紙幣は色が違うので間違うことはあまりないのですが、この2つの紙幣が同系の色とデザインであることが混乱をまねきがちです。またこれらの紙幣はどちらも使う機会が多いのです。ラオスに2年住んで毎日キープを使っている自分もこの2つの紙幣を瞬時に判別ができません。

ラオスのお金がわかりづらい理由
ラオスの20,000キープと50,000キープ(裏面)
観光客と見るとお釣りをごまかそうとするベトナムと比べ、ラオスは客を騙そうとする店員が多くありません。その点はいいところですが、お金が複雑でわかりづらいのは旅行者にとって面倒なポイントではあります。

ラオスで両替をしたりお金を支払ったりする場合は、時間をかけてもいいので必ずアラビア数字を確認して自分がいくらもらったか/払ったかを確実にしておくことをおすすめします。