ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

カテゴリ

【ビエンチャン】中心地から歩いて行ける地元民のためのお惣菜屋台密集地域

ビエンチャン ローカルフード せっかくラオスに来たんだから地元の人が食べている料理をアレンジされていない形で安く食べたいと思っている人は多いはず。そんな方々に向けて、首都ビエンチャンの地元民が通うお惣菜屋さん密集地帯を紹介いたします。

【PR】
お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴ

ビエンチャン ローカルフード
屋台で売られている鳥の串焼き

ビエンチャン ローカルフード
ローカルな煮物類

この通りに並んでいるのは30軒近くのお惣菜屋さん。バーベキュー、煮物、スープ、焼き魚などラオス人向けのお惣菜屋が200mほど並んでいます。地元民向けなので味付けも価格も普段ラオス人が当たり前に食べているものだらけ。夕方からオープンし、いつ行ってもお惣菜を求める地元民で賑わっています。

ビエンチャン ローカルフード
鶏もものバーベキュー

ビエンチャン ローカルフード
ティラピアのバーベキュー

バーベキューや揚げ物は日本で食べるものと大きな違いはありません。炒め物や煮物は香草を使うことが多いので苦手な人もいるはず。食べてみたいものがあったら、ジェスチャーで食べてもいいか聞いてから一口味見させてもらってみてもいいでしょう。味見はラオスの文化なので文句を言われることはないはず。

ビエンチャン ローカルフード
鳥の顔と足の煮物

ビエンチャン ローカルフード
牛のスープ

おすすめは代表的なラオス料理のラープと豚のバーベキュー。ラオスの漬物も日本人の口にあうものがほとんどです。複数人で行った場合は選択肢が増えるので食べたことがない料理にも積極的に挑戦してみてください。バーベキュー以外の惣菜は5,000キープから買えるものがほとんど。カイコやコオロギなど虫を揚げた料理もよく見かけます。コオロギはクセもなく食べやすい虫料理なので興味がある人は試してみてはいかがでしょうか。

ビエンチャン ローカルフード
カイコと豆の炒めもの

ビエンチャン ローカルフード
コオロギとカイコの揚げ物

もち米(カオニャオ)を3,000キープとメイン一品、あとはスープか漬物などを選んで3品で20,000キープも食べればお腹いっぱいになるはず。いくつかのお店は販売スペースの奥に椅子が置いてあり、その場で食べることもできるようですが基本的には飲食スペースがないお店がほとんど。買ったあとホテルや屋外で食べることになります。


■ 行き方

ビエンチャン中心地から10分程度。チャオ・アノウ・ロードを北に向かって右手。

■ 関連記事

again.hateblo.jp

again.hateblo.jp

again.hateblo.jp