ビルマの東、ベトナムの西

ラオスの情報を日本人に向けて

カテゴリ

【ビエンチャン】ラオス初(?)の豚骨ラーメンチェーン、山小屋ラーメン

ビエンチャンの山小屋ラーメン ラオスの首都ビエンチャンにはラーメン屋が複数あります。日本人が管理しているお店は問題がないのですが、ラオス人が管理しているラーメン屋はスープに大量の砂糖が投入されてしまうため甘味が前面に押し出され、謎の進化を遂げた食べ物になっていることが多いのです。まるでラーメンの見た目をしたお菓子のよう。

【PR】
スカイスキャナーで航空券比較検索

ビエンチャンの山小屋ラーメン
ビエンチャン 山小屋ラーメンの看板

そんな状況を見かねてかどうかは知りませんが、福岡のチェーン店「山小屋」がビエンチャンにオープンしました。豚骨ラーメンのチェーン店がラオスに来たのはおそらく初めてなのではないでしょうか。

山小屋ラーメンが入っているのはショッピング・モール ビューモール内。以前紹介したリンピング・マーケットと同じモール内の2階テナント部分です。

again.hateblo.jp

ビエンチャンの山小屋ラーメン
ビエンチャン 山小屋ラーメンの店内

ラーメン屋にしては広めの50人は収容できそうな店内。2018年6月にオープンしたばかりということもあって清潔で明るく、日本のファミレスのようです。

ビエンチャンの山小屋ラーメン
山小屋ラーメンのとんこつラーメン
ベーシックなとんこつラーメンは32,000キープ(約412円)。九州筑豊地区のラーメンとのことで、クリーミーなとんこつスープに小口ネギ、たっぷりのきくらげ、湯でもやし、チャーシューがトッピングで乗っています。初めて食べたので断言はできませんが、おそらく味は地元で出しているものと大きく違いはないはず。

ビエンチャンの山小屋ラーメン
山小屋ラーメンのメニュー

とんこつラーメンに卵と海苔、メンマが乗った山小屋ラーメンは40,000キープ(約515円)、豆板醤が乗ったスパイシー豆板醤ラーメンは37,000キープ(約476円)、他にもトッピングの違いによるラーメンが多数揃っています。替え玉は10,000キープ(約129円)。餃子、焼きチャーシュー、唐揚げ、チャーシュー丼、カレーなどサイドメニューも充実しています。

ビエンチャンの山小屋ラーメン
カレーなどサイドメニューも豊富

リンピング・マーケットの紹介エントリでも書きましたが、ここはビエンチャンの中心地から10kmほど離れており旅行者にとってアクセスはとても悪いのです。ビエンチャンの外れを体験したい方やラオス滞在中にどうしても豚骨ラーメンを食べなければいけない事情がある方は寄ってみるといいかもしれません。

タラートサオ・ショッピングモールそばの中央バスターミナルから出ている23番と29番のバスがビューモールの付近で停まります。バスで向かう場合はそちらをご利用ください。


■ 行き方

タラートサオ脇のバス乗り場から23番か29番のバスで20分ほど。帰りはビューモールを出て右手に200mほど進んだ先にあるバス停 パカオ(Phakhao)から、それぞれ25分おきと15分おきにバスが停車する。